西日本衛材株式会社|再生紙100%のトイレットペーパー

原料古紙100%への取り組み

都市の森プロジェクト > 

HOME > 

原料古紙100%への取り組み

西日本衛材では、地球環境保全に貢献する古紙100%のトイレットペーパーを、高品質低価格で顧客に安定的に提供することを品質環境方針としています。
品質環境方針につきましては「会社案内」ページをご覧ください。

古紙1tは、立木20本(樹齢20年)に相当します。

古紙のリサイクルは森林資源を守るだけでなく、ゴミの量を減らす役割も担っています。西日本衛材では、資源の有効活用を通して、生活環境・地球環境に少しでも貢献できればと思い企業活動を行っています。

古紙1tは、立木20本(樹齢20年)に相当します。

西日本衛材がつくる紙には個体差があります。なぜなら

西日本衛材がつくる紙には個体差があります。

工場に集まる原料(古紙)の紙質や色が様々だからです。

再生紙メーカーにおいて、一般的に原料として使用する古紙は、厳密に紙の分別がされ、紙質が一定している「産業古紙」と呼ばれるものです。そのため、ラミネート加工されている紙パックやビニールや金属類などの禁忌品と呼ばれる異物が混ざっている事業系ゴミなど難再生古紙は、焼却処分や埋め立て処分をされていました。

当社では、これらの難再生古紙を製紙原料として使用することを考え、リサイクルに取り組んでいます。

牛乳パック・用紙・ファイル

工場に集まる原料(古紙)の紙質や色が様々だからです。

情報社会の情報も、機密を保持したまま原料化されます。

西日本衛材では、信頼のできる機密書類のリサイクルを実施しています。持ち込まれた機密書類を箱詰めのまま溶かすので、機密を保持したまま原料化されます。ファイル(クリップ)ごとリサイクル処理が可能です。

詳しくはこちらから

情報社会の情報も、機密を保持したまま原料化されます。

まいにち使うものだから。0%PULP。100%RECYCLE。

このページのトップへ